home もどる
西吾妻福祉病院 地域医療振興協会
西吾妻福祉病院について
施設のご案内
診療案内
休診案内
検診受付
スタッフ紹介
 
〒377-1308
群馬県吾妻郡長野原町
大字大津746-4
TEL:0279-83-7111
[2018.01.10]
リハビリだより 〜歩行補助具について〜

今回は「歩行補助具」についてご紹介します。

歩行補助具とは…
「歩くこと」に関して何らかの障害を持った方に用いられる、自立支援型の機器の総称です。大きく分けて次の3種類があります。

  @ 杖 
  A クラッチ(肘や脇など手以外の部分でも支えられるタイプの杖)
  B 歩行器(杖よりも支えられる面積が広く、安定性に優れる)


《 リハビリ室で使用している歩行補助具 》

 ・T字杖(いわゆる一般的な杖。高さの調節が出来るものや折りたたみタイプなど、様々な種類がある。)
 ・四点杖(杖先が普通の杖より少し広く安定性が得られやすい。)
 ・松葉杖(腕の力をしっかり使って体重を支える。足の怪我の際に処方されることが多い。)
 ・ロフストランド杖(肘周りの支えが特徴。杖の代わりに使用するケースも。)
 ・四脚型歩行器(フレームを軽く持ち上げて前進。前足に車輪がついているタイプもある。)
 ・押し車(シルバーカーとも。車輪がついていてハンドルを押しながら移動。)
 ・歩行器(押し車よりも大きく、両手や両肘で支えて移動できる。)


歩行補助具はタイプによってはホームセンターで取り扱っていたり、介護保険サービスの1つとしてレンタルで利用できたりする物もあります。

転ばぬ先の杖、ではないですが、足周りをはじめ体の状態に合わせて使用することで、関節の負担軽減やより安全な移動に繋げることができます。

厳冬期に入り、転倒しやすい季節となりました。足元に不安のある方は、歩行補助具についてリハビリスタッフに気軽にご相談ください。
>> メールニュース会員登録 >> 職員募集 >> リンク >> お問い合わせ
Copy right Nishi-Agatsuma Welfare Hospital.All rights Reserved.