home もどる
西吾妻福祉病院 地域医療振興協会
西吾妻福祉病院について
施設のご案内
診療案内
休診案内
検診受付
スタッフ紹介
 
〒377-1308
群馬県吾妻郡長野原町
大字大津746-4
TEL:0279-83-7111
[2018.03.01]
リハビリだより 〜装具について〜

「装具」とは? 病気や怪我などによって身体の機能が低下したり、日常生活が送りにくくなった場合に、その部分を補ったり患部を保護したりサポートするために装着するものです。

当院で使われている装具の一部を、とくに膝と足首に着目して、ご紹介させていただきます。


<ニーブレイス>
膝の怪我などにより安定性が失われたりした時に、安静を保ち、膝が曲がらないようにサポ―トする装具。太ももからふくらはぎまで固定されています。

<OAエクストラ>
膝の内反(O脚)や外反(X脚)を矯正し、歩行中の膝の側方へのグラつきを制御する働きがある装具。ニーブレイスよりも少し短く、変形性膝関節症の患者様に用いられることが多くあります。

<プラスチック製短下肢装具>
主に中枢神経系疾患、特に脳卒中片麻痺の患者様に多く用いられています。個人差はありますが、下垂足(つま先が上がらなくなる状態)や反張膝(膝が伸びすぎてしまう状態)を矯正し、歩行の手助けをしてくれます。

<オルトップ>
プラスチック製短下肢装具と同じく、つま先を持ち上げる手助けをしてくれる装具。オルトップは軽量で薄く、装着したまま靴を履くことも可能ですがプラスチック製短下肢装具よりも固定力はやや弱めです。


今回は膝と足首に着目して一部の装具をご紹介しましたが、他にも様々な種類の装具があります。
市販で販売されている装具もあれば、医師からの処方で実際に型取りをして個人専用で作られる装具もあります。
症状によってそれぞれ処方内容も異なるためお気軽にご相談下さい。
>> メールニュース会員登録 >> 職員募集 >> リンク >> お問い合わせ
Copy right Nishi-Agatsuma Welfare Hospital.All rights Reserved.