home もどる
西吾妻福祉病院 地域医療振興協会
西吾妻福祉病院について
施設のご案内
診療案内
休診案内
検診受付
スタッフ紹介
 
〒377-1308
群馬県吾妻郡長野原町
大字大津746-4
TEL:0279-83-7111
[2018.06.05]
《臨床指標から》 〜原死因について〜

今回は原死因についてお話します。

我が国の死因は第二次大戦後、栄養状態の改善やサルファ剤、抗生物質などの出現にともない感染性疾患が大幅に減少し、結核対策も進んだ結果、これらに代わって悪性新生物(がん)、脳血管疾患、心臓疾患など老化と結びついた疾患が増大してきました。
1957年頃からこれらは三大成人病と称され、主たる克服対象となりました。

その後、1996年頃からは、三大成人病をはじめとして糖尿病、慢性肝疾患など、各個人の生活習慣と疾患の発症との間に深い関係があることが明らかになり、成人病は「生活習慣病」と称されるようになりました。

近年の特徴としては、生活習慣病の中でも脳血管疾患の死亡率が低下する一方で、悪性新生物(がん)(第1位)と心疾患(第2位)の死亡率が上昇しています。また、高齢者が肺炎(第3位)で亡くなることが多くなっています。

当院の特徴は、診療体制の変化や全国に比べて高齢者が多いことから、悪性新生物(がん)(第1位)、肺炎(第2位)、心疾患(第3位)が上位の原死因となっています。
>> メールニュース会員登録 >> 職員募集 >> リンク >> お問い合わせ
Copy right Nishi-Agatsuma Welfare Hospital.All rights Reserved.