home もどる
西吾妻福祉病院 地域医療振興協会
西吾妻福祉病院について
施設のご案内
診療案内
休診案内
検診受付
スタッフ紹介
 
〒377-1308
群馬県吾妻郡長野原町
大字大津746-4
TEL:0279-83-7111
[2018.07.30]
リハビリだより 〜熱中症を予防しよう〜
こんにちは、リハビリ室です。
梅雨明け後、これまでにないほどの豪雨や猛暑が続きました。体調管理が難しい時期となってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
今回のリハビリだよりは「熱中症」についてお話させていただきます。

わたしは理学療法士として実際のスポーツ現場で熱中症対応をすることが多いのですが、近年は屋内での日常生活の中でも熱中症にかかりやすくなってきています。
その要因と簡単な対策についてご説明させていただきます。


要因の一つ目は、
「昔よりも圧倒的に暑い日が増えている」ということです。前橋市では、最高気温35度以上の猛暑日は、1980年代までは年間5日程度でしたが、近年では20日以上となる年も多くなっています。
単純に「昔より暑い」と認識することも大切であり、日々気温の変化に注意していくとが重要です。

二つ目は、
エアコンの普及により暑さに慣れる習慣が減り、あわせて汗をかく習慣も減ってきたことです。汗腺(汗をだすところ)がきちんと開かないと汗も出にくく、体の中と外で体温調整がうまく行えず熱がこもりやすくなります。
とくに高齢者は、汗をかく機能が落ちてきたり、温度に対する感覚も鈍ってきたりするので注意が必要です。 
暑い日は積極的にエアコンを使うことが大切ですが、急激な気温の変化に体を慣らすためには、時には家の風通しを良くして過ごしていく事も必要なことと思われます。


次に熱中症予防対策についてお話させていただきます。

<過ごし方>

@気温、湿度を確認する癖をつける
気温だけでなく湿度にも注意を。気温が30℃へ達していなくても、湿度50%以上だと熱中症になる危険があります。
「いま自分のいる環境がどのような状態なのか」を知ることは、熱中症予防の大切なポイントです。

A衣服を工夫して暑さを調整
衣服は麻や綿など通気性のよい生地を選び、下着は吸水性や速乾性にすぐれた素材を選ぶとよいでしょう。

B健康状況を毎日チェック
熱中症の発生には、体調が大きく影響します。睡眠不足、体調不良、前日の飲酒、朝食の未摂取等は、熱中症の発症に影響を与えるおそれがあります。
毎日の健康管理も、熱中症予防には大切です。自分の体を知り、体調に敏感になりましょう。


<飲み物>

C水分補給時には、あわせて塩分の補給も
水分と塩分を同時に補給できるスポーツドリンクや経口補水液、または水や麦茶には塩や梅干しなどを足して塩分も補給しましょう。
緑茶やウーロン茶に含まれるカフェインは利尿作用があるため要注意です。またスポーツドリンクも糖分が多く含まれており、飲みすぎは良くないので麦茶がおすすめです。
熱中症対策に「ミネラル入り麦茶」が効果的という研究結果もあります。体温降下効果だけでなく、血液をサラサラにする効果も報告されています。
医薬品ではなく一般食品のため効果は緩やかですが、刺激物であるカフェインを含まないため、誰でも安心して飲める夏にピッタリの飲料です。

D日頃からこまめな水分補給を
のどが渇いていないから、汗をかいていないから大丈夫と思いがちですが、すでに体液が減少している場合も。いつもより尿の色が濃く、量が少ない場合はすでに体内の水分不足が起こっています。のどが渇く前からのこまめな水分・塩分補給が熱中症予防には大切です。
熱中症の発生は、当日の水分・塩分不足だけではなく、数日前からの不足が原因で発生します。常日頃から水分と塩分の補給を心がけましょう。


まだまだ暑さは続きます。くれぐれも無理をしないで、熱中症予防につとめましょう。

>> メールニュース会員登録 >> 職員募集 >> リンク >> お問い合わせ
Copy right Nishi-Agatsuma Welfare Hospital.All rights Reserved.